冬が好き夏生まれ。シンプルな身体つくりを心掛けています。

飛行機雲はどうしたら作れるの?子供のころの夢♫

  
\ この記事を共有 /
飛行機雲はどうしたら作れるの?子供のころの夢♫
エバー航空
台湾の航空会社
日本国内では12都市13空港へ乗入れている 。

まっすぐまっしろの飛行機雲って、夢がありませんか?私は子供の頃に、飛行機雲を作るのが夢でした。…と言ってもパイロットになりたい‼…という具体的に考えることはなかったんですけれど。飛行機雲は別名「航跡雲」(こうせきうん)「contrail」(コントレイル)飛行機雲は飛行機から排出された煙などではなく「☁」です。ただ、自然に出来るものではなく人工的に出来たものになります。人工的に…は大きく2つの状況があるようです☁

☁飛行機の排気ガス中に含まれる水蒸気で雲が作られる

飛行機は高度1万mを飛んでいて、 地上と比べると気温が約60度も低いのです。ですから、マイナス40度前後の中を飛行機は飛んでいるんです。その寒さの中で、300度から600度にもなる排ガスを出すと、ガスの中にある水分が急速に冷却され、凍るので雲ができるということ。 それを地上から見ると、白い雲のように見えるんですね♪ただ、空気中の水蒸気量が少ない場合は出来ない事も…。

☁空気の渦によって雲が作られるケース

飛行機が高度の高い、空気の薄いところを飛ぶと、上向きに働く力 が生じて主翼の後ろや翼端に空気の渦ができ、周辺の空気の気圧と気温を急激に下げ、大気中の水蒸気を冷やし雲を作り出りだすということ。

う——ん物理化学…。

ただ、上空の温度、気温、湿度や空気の流れや高度など、色々な条件が揃わないと、あのまっすぐまっしろな飛行機雲は見られないそうです。

飛行機雲って見つけたら運がいいのかな❤と思いつつ、空を眺めています。

おまけ♫
東京モノレール
お散歩気分で羽田空港まで。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright©tea menu 🍵,2020All Rights Reserved.